2017年7月29日土曜日

インジケーターの意味

インジケーター

あなたも使っていますでしょうか?


MT4でエントリーポイントを探って、トレードしている方は
インジケーターを使用してチャートを見ていると思います。

その使っているインジケーターが表示しているポイントは、
なぜ、そこでその表示をするのか?

きちんと判っていますか?


なんとなく使っているのと、その理由が判っていて使用するのとでは
トレードに差が出ます。

例えば、ボリンジャーバンド

使っている方もいれば、使わないで他のインジケーターを
表示しているので全く用のない方もいると思いますが。

簡単に言うと、想定される相場は、その上下の線の間に
収まりますよという判断材料のひとつですが、
ネットで調べれば、もっと詳しく、わかりやすく説明してくれている人が
どこかにいますので、それを参考にしてもらえばいいと思いますけど。

ちなみに僕も表示していますが。


僕が表示しているインジケーターは、
僕にとって全て必要ですし、それぞれをトータルで見て
判断しています。
ですが、それを全て説明すると、
かなりの量のマニュアルになってしまします。

なので、最低ここは押さえておかないといけない所を
マニュアルには書いてありますが、
実際には、本当にそれだけでトレードしようとすると
必ず壁に当たります。

そのたびにメールで返信するのも正直面倒なんですが
かといって、どうせ聞いてくるであろう部分を、
最初からマニュアルに取り入れてしまうと
マニュアルを読んで理解しようとするだけで、
きっとモチベーションが下がってしまう方も多いことでしょう。

事業を始める時もそうですが、
すべて用意周到で準備が揃うまでに時間や資金をかけて行うのと、
ある程度7~8割準備が出来たら、見切り発車でスタートするのとでは
後者の方が、早く目標に到達できます。

当然、見切り発車なので、後からいろんな問題点が発生しますが
それは、その時に対処すればいい話ですし、
この方が、モチベーションが下がらずに進んでいけます。


これをバイナリーにも応用して取り入れましたが、
せっかく希望が見えたところに、マニュアルが届いてみたら
何十ページにも及ぶマニュアルを熟読してから始めないとと思うと
僕ならその時点でテンション下がります。

だから、
とりあえずスタートして、その都度判らないことがあれば
一つ一つ解決していけば、順を追ってスキルアップしていきます。

その為の手段として、自分が使用しているインジケーターの意味を
覚えた方がいいですよ。ってことなんです。


包丁ひとつにしても、
料理が好きで凝っている方は、用途に合わせて
さまざまな包丁を持っているかもしれませんし、
僕みたいな料理素人にしたら、
「包丁なんて、とりあえず切れりゃいいじゃん。」て思うけど
例えば、刺身を切るときはこういう包丁がいいとか・・・
かぼちゃとかの硬いのを切る時はこの包丁とか・・・

僕にしてみりゃ、包丁なんて結局良く切れりゃいいんでしょ?
って言いそうですけど、
刃の角度や、刃の厚さとか、いろいろあるんでしょうね。たぶん。


そういうのが、判ってくると楽しくなってくると思います。



こんな僕のブログを楽しみにしていただいている
少数の方のために、できるだけ更新しようと思います。


ポチっと押してあげてください。元気になります。
強制なんてしません。
ポチっとしないと教えないなんて、ちっちぇことは言わないです♪(笑)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿