2017年11月24日金曜日

初心に戻って

昨日、別の方法でエントリーする方法を
検証中だと伝えましたが、
結論から言うと、
あの「ノア」を使用しなくても、
同じトレードが可能です。

ですが、これを公開するか、しないかは
わかりません。

これを、いじわるをしているように聞こえたら
ここから先をよく読んでください。


僕は今までに、いろんな方法を提供してきましたが
その中でも、「究極の2歩手前」は
2歩手前とか言いながら、ほぼ完成形なんです。

それでも、まだ思うように稼げない方のために
「これならどうかな?」
「あれならイケるかな?」と、
ベースは同じでも、視点を変えて
いろんな角度から、その人に合った方法が
見つかればいいなあと思って
次々と提案してますが、

常に新しい方法が優れているという訳ではないです。

僕は、常に新しい方法を考えている訳じゃないですからね。

もともと僕の方法は自分の中では確率されているので
ベースは変わりません。

そこから派生して、
「こっちの方が見やすいかな?」とか、
「この設定の方が前もって準備ができるかな?」とか
ベースを元に、応用しているにすぎません。


僕もかつてそうだったので、気持ちは判りますが、
「次のは期待できそうだから、とりあえず今の方法は
もうそんなに頑張らなくてもいいや」
って思わないでください。

例えば、「究極の2歩手前」でいうと、
最初の方法が一番、初心者にとってエントリーしやすい
方法なんです。

しかも、勝率はルールを守れば
ずば抜けていいんですよ。

僕はこの方法で負けないですけどね。

それでも負けてる方は、トレードしている時間帯の
チャートの画像を送ってください。

実際に、チャートにエントリーした箇所に印をつけて
送ってくださる方が数名いますけど、
とてもありがたいです。

僕もアドバイスしやすいですからね。

それと、
思うように勝てないという方は、
矢印のインジケーターの設定値を教えてください。

もしかしたら、
設定値が違っているかもしれません。
他のインジケーターは、もしも違っていても
直接は問題ないですが、
矢印の設定値が違うと、根本的に矢印の出るタイミングが
違ってきますので、勝てるものも勝てなくなります。


あと、
以前に、「負け越す日はありますか?」
って聞かれたことがありますけど、
僕は負け越すことはないです。

いつも言ってますけど、
負けるような相場でエントリーしないので。

なので、
そういう日は、思うように稼げない、
というだけです。

いただくメールで、
「この日とこの日は、勝ったけど、
次の日はぼろ負けでした。」とか。

相場は毎日違いますし、トレードしやすい日もあれば
一日通してトレードしにくい日もあります。

それは何曜日だからというだけじゃなく、
1か月を通しても違いますし、
それこそ、こういう部分を知りたければ
経済指標や世界情勢など、ファンダメンタルな部分を
見ていかなければいけないと思います。

僕は面倒くさいので、
チャートを開いて、やりにくい相場だと思ったら
今日はそういう日なんだと思うだけですけどね。

だから、
せっかく自分の自信の持てる方法で勝てているのに、
たまたま、そういう日に同じようにトレードして
「なんで昨日までうまくいってた方法で勝てないんだ?!」
ってなると、せっかく自信がついた所で
またテンション下がってしまいますよね。

なので、
そういう日はそれ以上にトレードしない。とか、
2回負けたらその日は辞める。とか、
負け越さないルールを作らないと
FXで言う「コツコツドカン」になりますよ。

パチンコなどギャンブルをやってる訳じゃないんですから
資金管理が出来ないと、先に進めません。


チャートは毎日見た方がいいですけど、
やみくもにエントリーして資金を減らしたら
本末転倒です。

眺めてみて、出来そうなら、やる。
出来そうにないなら、やらない。

1時間もあれば、1~2回はきちんと
いい波があるチャートがあるはずです。
そこを狙えば数回エントリー出来ると思いますよ。

ただ、そこを逃さなければの話しですが。
そして、
レンジやもみ合いの相場ではエントリーしないと
決めること。

過去の記事でも何度も言ってますけど、
勝った時のトレードのパターンを覚えておくこと。
そして、負けた時は、なぜ負けたか振り返ること。


これは僕にも責任がありますけど、
トレード方法をころころ変えないこと。

せっかく覚えた方法でも、
完璧に使いこなすことができないうちに
他の方法を使うと、覚えたものがムダになります。

だから、
稼ぎ始めた人は、その後に他の方法を知っても
簡単に他の方法を試さないもんです。

問い合わせを受けて、その症状に合った別の方法を
そのたびに教えていますけど、
特に今回の「究極の2歩手前」は、
最初の方法が一番初心者向きで基礎なんです。
それ以降の方法は、応用になるので
本来は、スキルがないと勝ち続けられません。

(追加や変更のインジケーターについては
別の話しですが。)

あなたが、諦めない限り、
成功には近づいていますけど、
今までの努力をムダにしないようにしてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿