2018年2月1日木曜日

1日 深夜時間のトレード













夜中の0時過ぎから、1時間程度トレードしました。

順張りの矢印のみを見て、片っ端からほとんど全てエントリーしました。
(もちろん最低金額¥1000です)
たまに見逃したものもありますが、
一度矢印が出たらエントリーし、
その後に消えたものもあります。
(一瞬でも付いたら、すぐに消えても
消えた後でエントリーしてみました。
通常なら、一瞬だけの点灯なので、消えたら
そのままスルーすればいいことです。)

僕の裁量込みで、勝てる場所だけエントリーして
「ほら、こんなに負けないでしょ!」
と言ったところで、何を基準に負けない場所と判断しているのか
わからないですよね。

ですので、
絶対負けると思う場所も、あえて全てエントリーしました。

偶然ですが、プラマイゼロでした(汗)

これで、
どこなら勝てるのか、
どこが負けるのか。

この画像を見て知ってください。

この画像の矢印で、
ルール以外はエントリーしないとして
消していったら、おそらく十分に勝ち越せますよ。

(というか、負けません。そのためのルールです。
しかも、今回エントリーした時もそうですが、
矢印が出てから多少時間が過ぎてからエントリーしたものも
いくつかあります。
それでも、この場所は圧倒的にその方向に動くので勝てるんです。)

いままでに僕が、この矢印の勝てるルールを
過去にマニュアルやブログなどで何度も言ってきている内容です。

文章では、イマイチ飲み込めなかった方も
この画像で、勝てる場所の傾向を確かめてくださいね。



それと、
昨日、順張りに特化した矢印インジケーターの
設定変更のことで伝えましたが、
その時、みなさん気づきましたか?!

実は、この方法は設定値こそ多少違いますが
「究極の2歩手前」の最初のマニュアルのルールなんですよ。

基準となるものが、今、使用しているものと違うだけで
ルール自体はほとんど同じなんです。

これは、いつか言ったように
一番負けないように出来ているのは
最初のルールだと。

なので、
回りまわって一周した感じですかね。


ただ、Vol.8は
その他でも高確率でのエントリーポイントも
プラスしてあるよ。というだけです。

だから、
Vol.8で完成形だと言ってますが、
本当は「究極の2歩手前」が出来た時点で
完成してたんです。

僕が言う「負けないように」ということを
第一に考えたらね。

ただ、その時に使用しているラインが
僕には納得いってないものだったんです。

でも、この矢印については
すでに完璧でした。

昨日の記事の内容は、
「究極の2歩手前」のVol.1に書いてあります。

お手すきの際に、今一度目を通してみてください。





0 件のコメント:

コメントを投稿