2018年5月25日金曜日

25日 僕の方法を譲った方々

今日は少し時間があったので
今までにどれくらいの人に、僕の方法を渡してきたのか
数えてみました。
(ひま人ですね~)

「究極の2歩手前」だけで計算すると
最初からの募集でご縁のある方は87名。
(いわゆる1次募集)

有料にて販売した方は105名。
(いわゆる2次募集)

今回はまだ、誰もいません。

1次募集のうち、もう稼いでいって独り立ちした方は59名。
2次募集次募集で、稼いでのが確認できている方は67名。

割合としては、
1次募集で、67.8%の方
2次募集で、63.8%の方が、稼いでいる方の割合です。

面白い結果だと思いませんか?

一般的には、お金を払うという対価に対して
人は本気になると言われています。

ですが、お金を出そうが、出すまいが、
稼げている方と、そうではない方の割合がほとんど同じです。


それでも、まだ発展途上の方も未だに
「極秘」ブログで繋がっている方もいますので
その方たちは、いつか必ず稼げるようになるでしょう。

その時には、プラス30数名の方が「稼げている」仲間になるので
もっと「稼いでいる」方の割合は増えそうですが。


「自分にはもうムリだ、もう辞めた!」
と連絡をもらった方は、4名いますが、
そのうち2名は戻ってきました。

僕の方法を渡してから、すぐに連絡が途絶え、
音信不通になった方は66名いますが、
この方達は、僕の方法が合わなかったのか、
あるいはバイナリーを辞めてしまったのか、
その後どうなったのかは判りません。

まあ、世の中いろんな人がいますからね。
みんなが違って当然だし、逆に違わないと世の中成立しません。

僕みたいのばっかだと、まともに働かないやつばかりになって
お見せで商品を売る人がいなくなり、
品物や、食料や、製品を作り人もいなくなれば
この世はおしまいです。

いろんな価値観を持った人がいるから
世の中うまく廻っているんであって

バイナリーなどの投資で、みんなが簡単に稼いでいたら
だれも働く人がいなくなってしまいます。

僕は、たまたまその投資で稼ぐということを選んだだけで
だからといって、みんなが僕と同じように稼げるかは、
その人の価値観によって違ってくると思います。

前に、1万人だか、10万人だか忘れましたが
そんな大勢のトレーダーを輩出するスクールを目指すようなのが
居ましたが、(まだいたら、ごめんなさいね)
それを本気で思っているとしたら、日本を滅ぼそうとそているとしか
考えられないですね。

ただでさえ、人口が減ってきているのに、
これ以上働く人がいなくなったら、
それこそ純粋な日本人はいなくなっていくでしょう。


まあ、そんなことを言っているのは、
ようするに塾だかスクールだかわかりませんが
その費用をあてにするのが目的であって、
それを信じてお金を出した方が、本気で稼げるようになどとは
思っていない事でしょう。

日本という国はそういう国ですからね。
仕方ないといえば、仕方ないのかもしれませんが。


僕の方法だって、全ての人を稼がせてあげることなんてムリですが、
それでもあきらめなければ、きっと道は開けます。

ただ、僕は商材を売るのが目的ではないので
本気で稼ぎたいと思う人しか譲りたくないんです。

最近はホント、いわゆる「ひやかし」しか来ません。
そんな人には冷たい態度で接してしまうので
僕は悪いヤツに見えるでしょうね(笑)

まあ、僕はいい人ではないので
どんな風に見られても、どうとも思わないですけど。


話しは戻りますが、
投資に向いている人、向いていない人、
これも人それぞれです。

なので簡単に稼げそうだという理由で飛びついても
実際には、そう簡単には稼がせてもらえないもんです。

たまたま初めて1か月で稼げるようになる方もいれば、
数年経っても今一つ実感が沸かない方もいると思いますし

その稼げる日が、明日来るか、数年待たなければいけないのか
判りません。

仮に数年我慢してでも、必ず稼げるようになると
覚悟を決めて取り掛かれば、
諦めないうちは、必ず成功に近づきますけど
例え、明日稼げるようになるはずなのに
今諦めてしまえば、そこまでの努力はムダになります。

それでも他に楽しいと思えることがあれば
その選択は間違ってはいないはずなので
それは、人それぞれに自分の価値観はどんなものなのか
自分で探していかなくてはなりません。

かつて音信不通になった方々も
いまは楽しく暮らしていればいいんですけどね。

人生、楽しいのが一番です♪







僕の方法で本気で稼ぎたい方は
メールフォームから連絡ください。
興味本位で知りたい方には教えません。
「究極の2歩手前」欲しいひと~


クリックしてもらうと元気が出ます♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


0 件のコメント:

コメントを投稿